今この瞬間の輝きを

米国らしい態度と日本のヘタレっぷり

 サイバー攻撃

オバマ氏は、米ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)への行為が戦争行為に当たるかと聞かれ、「サイバー破壊行為だ。これはとても高い代償を伴う」と語った。その上で、「(米国は)極めて深刻に受け止めており、相応の対応策をとる」と強調した。
ヘタレのオバマも、そこまでは落ちぶれていなかったということか・・・

そしてその後・・・
アメリカの複数のメディアは、北朝鮮で22日にインターネットに完全に接続できない大規模な障害が発生したと伝え、平壌にある複数の外国の大使館も不安定な状況が続いているとしている。
これについて世界各国のインターネットの状況を調査しているアメリカのコンピューターセキュリティー会社の専門家は23日、「22日には北朝鮮で9時間半にわたってインターネットが完全に接続できなくなり、その後一度復旧したが、また障害が発生したことを確認した」と述べ、現在も不安定な状況が続いていることを明らかにした。
その上で、「北朝鮮が復旧しようともがいた痕跡があり、その混乱ぶりなどからサイバー攻撃の可能性がある」と指摘した。

これが米国の仕業なのか、過去にも北朝鮮を攻撃した国際的なハッカー集団「アノニマス」の仕業なのかはさて置き、金正恩も今頃ビビってんじゃないの?
そもそもSPEへの攻撃も、金正恩の「鶴の一声」で発動されたような気がするし・・・

件の映画だが、一転して、米国の一部の映画館で上映されることになった。
AP通信によると、テキサス州の映画館などが上映を決め、SPEもこれを認めた。
米CNNによると、他の州でも同調する動きが広がっており、米東部時間23日夜(日本時間24日午前)時点で、200カ所以上の映画館が公開を決めており、最終的には約300カ所に上る可能性があるという。

まずは、アメリカらしい行動に落ち着いたようだが、それに比べて日本の政治家センセイたちのヘタレっぷりが明らかに・・・ 

 政府が尖閣諸島を抱える石垣市に、環境調査を目的とした民間チャーター機による尖閣上空の飛行を自粛するよう要請していたことが分かった。
尖閣の領有権を主張する中国を刺激し、日中関係が緊迫化する恐れがあると判断した・・・

何をやってんだか・・・
尖閣の領土、領空は紛れもなく日本のもので、こんなことではいずれ中国に実効支配されてしまうのは間違いなかろう。
竹島にしても、すでに韓国に盗られとるっちゅうに・・・ バカなのか?
にっぽんの役人はヘタレばっか(-_-;)

外交は「大阪のおばちゃん」にやらせとけ!

URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. うん、外交は大阪のおばちゃんにやらせとけ。名案やな。

コメントはこちら

*
DigiPress
DigiPress

Facebookでコメント

Return Top