今この瞬間の輝きを

イスラム国「人質事件」を引き起こした張本人

イスラム国

どこかの国の首相Aが唱える「地球儀外交」
そもそも、アフリカや中南米の発展途上国に行って札束を見せびらかせていい気になっている発想自体が、先進国のリーダーのやることではない。

Aのやろうとしていることは、中国がやっている「バラ撒き外交」のコピーでしかない。
しかも、中国がバラ撒く大金には逆立ちしても敵わないわけで、同じ土俵で負けるというみじめな結果をもたらしている。

その挙句が、今回の「人質事件」である。
Aはわざわざエジプトで「イスラム国と戦う中東諸国に2億ドルの支援をする」と宣言した。
「~出来る限り支援する」でよかったのではないか?

本人にすれば、いつものようにカネにモノを言わせる「地球儀外交」のつもりだったのだろうが、何の考えもなくカネを出したこともさることながら、何よりもバカだったのはそれを自慢気にアピールしたことだ。
これではイスラム国に「自分たちは敵です。しかもこれだけカネを持っています。どうぞ狙って下さい」と言っているようなものではないか。

さらに、イスラエル訪問時、よりによってイスラエル国旗を前に堂々とスピーチしたこと。
これもまた「イスラエルとも仲良しです」とアピールしたつもりなのだろうが、イスラム国が最終的に狙っている最大の天敵こそがイスラエルなのだ。

地球儀外交=前方位外交だが、実際の国際社会において「前方位」と仲良くするなどありえない。
イスラエルと仲良くすれば、当然イスラム国からは敵とみなされる。
Aはそんなことすらも分かっていなかったのか?

イスラエルの首相に会うなら、こっそり会えばいい。
本当に大事な首脳同士の話し合いは極秘に行うのが原則だ。
外交とは、何を話し、どう国益につなげるかが大事なのだが、Aにとっては「〇〇国に行って、〇〇首相に会ってきた」というだけのもののようだ。

結果として、自らの馬鹿げた功名心のために、自国民を死に追いやったのだ。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 安倍総理にしても、民主党の元総理鳩山さんにしても、麻生さんにしても不用意な言動、行動が多いですね。
    やはりおぼっちゃま育ち?のせい?

    • 単におバカさんなんでしょ♪
      勉強不足やし、考えも浅はかやし、危機感も無いし・・・
      外交なんて話にならんよね、坊っちゃん育ちで世間が分かってないのかな?
      イチバンの問題は、事なかれ主義で問題を先送りする体質やろね。

コメントはこちら

*
DigiPress
DigiPress

Facebookでコメント

Return Top