今この瞬間の輝きを

冷却水が戻らない・・・

アルトワークス・エンジンルーム

とりあえず、サーモスタット&ラジエーター、ラジエーターホースを交換したわけだ。
その後、何度か出掛けてみたところ、やっぱり暖気後の水温上昇スピードが不自然に遅い・・・

峠道上りでの全開走行はまだだが、2~3速で登っていくような勾配でも水温の上昇はない。
だが、リザーバータンクに行った冷却水は水温が下がってもラジエーターに戻ってこない。
ラジエーターキャップも新品に交換しているのだが・・・

 

そもそも、冷却水がリザーバータンクからラジエーターに戻る理由は、ラジエーター側の冷却水が冷えて内圧が下がるから。
戻らないのは「内圧が下がらない」ということだろう。

  • 考えられる原因としては・・・
    ・やはりラジエーターキャップの不良か?
    ・どこかからエアを吸っている
    ・ガスケット吹き抜けにより燃焼ガスが漏れている

♠あるネットの記事では、カー用品店等で売っているラジエーターキャップで同じ症状を起こしたのだが、まったくの純正品に交換したところ、収まったという事例もあったようだ。

♠冷却水経路の漏れは、整備工場等ではラジエーターキャップを外し、加圧テスターを使い冷却系統に圧力を掛けて確認できるようだが・・・

♠ガスケット吹き抜けに関しては、ラジエーターキャップを開けたままエンジンを掛け、冷却水が十分に温まった後、軽くエンジンを吹かしてみれば水疱の有無で確認できるはず。
っていうか、抜いた冷却水に汚れは見られなかったと思うのだが・・・

さて、どうしたもんか・・・

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
DigiPress
DigiPress

Facebookでコメント

Return Top