今この瞬間の輝きを

2015年、日本は先進国から脱落する

安倍とオバマ

今の日本にアメリカと対等に交渉できるような政治家はいない。
それどころか、安倍はオバマに毛嫌いされている始末だ。

そんな状態でアメリカが日本を手助けするなどありえず、これまでアメリカに依存してきた日本は今、国際的地位が転落する危機に瀕している。

そのことは、すでに15年も前に予見されていた。
2000年12月、CIAは日本の将来を分析したレポートを出した。
その中で日本社会が抱える諸々の問題を分析し、結論として「日本は、2015年には先進国の地位から脱落するだろう」と予言していたのだ。

CIAがそうした分析をする場合、自分の予言が現実となるよう工作を行うケースがある。
例えば1991年、CIAの委託でロチェスター工科大学などが書いた研究レポート「JAPAN2000]は、「経済的に、アメリカは日本の攻撃に晒されている」と説いたが、その1か月後、野村證券など日本の四大証券会社が大口顧客に損失補填をしていたという「のむら・スキャンダル」が発覚した。

アメリカをはじめとする国際社会は、「日本人はカネのためなら何でもする」と書かれたレポートの通りだと驚き、日本バッシングを始めた。
このスキャンダルがCIAの工作によるものだったことは、今では公然の秘密である。

「日本が2015年に先進国の地位から脱落する」という予言も、この時と同じようにCIAがそれに向けて動いていた可能性はゼロとは言えないのだ。

日本とアメリカの関係は、かくも厳しい状況にあるのだが、CIAの工作など関係なくこの予言は現実となるだろう。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
DigiPress
DigiPress

Facebookでコメント

Return Top