今この瞬間の輝きを

失意

1992.4.19
スーパーカップ・ウェスタンシリーズ 第2戦  NA-GP250

TIサーキット・英田 1’39.636  予選13位
'92 NA250
 
決勝 16位
 
ベストラップ 1’40.343

 

1992.5.10
スーパーカップ・ウェスタンシリーズ 第3戦  NA-GP250

SPAR 1’06.174  予選29位

決勝 13位

ベストラップ 1’05.848

 

1992.6.14
TIサーキット 英田 ロードレース選手権 第3戦  NA-GP250

TIサーキット 英田 1’39.116  予選7位
'92 NA250

決勝 DNF(Do Not Finish)

ベストラップ ・・・

 

1992.7.5
TIサーキット 英田 ロードレース選手権 第4戦  NA-GP250

TIサーキット 英田 1’39.565  予選19位

決勝 DNF(Do Not Finish)

 

1992.8.8
TIサーキット 英田 ロードレース選手権 第5戦  NA-GP250

TIサーキット 英田 1’40.665  予選18位

決勝 ・・・

 

遊びでミニバイクレース
ミニバイクレース

ちなみに1回目は優勝していて、これは2回目で2位に。
3回目はリタイヤ

 

エンジンに不満を抱えたまま頑張ってはみたが、思い通りにはいかなかった。
チューナーさんも親身になって世話してくれたのだが、昨シーズンほどのパフォーマンスを見せることはなかった。

不思議なことに、昨シーズンコースレコードを出した TIサーキット・英田 ではベストタイムを更新することが出来ず、女神に見放され続けた 鈴鹿 ではびっくりするようなタイムが出ている。
昨シーズンならぶっちぎりで勝っていたようなタイムだ。

やはり、メーカーが威信をかけて出してきた新車はホンモノだ。
マシンのポテンシャルだけで各サーキットのコースレコードが2秒以上あっさりと縮まってしまった!
まだシーズンも序盤だというのに・・・

さすがにこれ以上続ける気が起きない。
一度でもトップグループでレースをした以上、中盤でチマチマ走っているのは耐えられない。
今シーズンはここでお休みしてお金を貯め、来シーズンに賭ける。
・・・という選択肢もあるが、やはり”資金力”がものをいう世界。
一般的にはマシン8割ライダー2割だとも言われる・・・ 少々嫌気もさしてきた。

そもそも、国際A級に上がって全日本選手権を走るならプライベートでは話にならない。
目標が世界GPである以上、全日本をチマチマ走っているなんて想像できないし・・・
現在27歳という年齢も足を引っ張るだろう。
シーズンはまだ中盤だが、ここで清く身を引くことにする。

昨シーズン、今シーズン中盤までの成績で国際A級昇格申請をし、国際A級ライセンス取得と同時にレースを引退。

 

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
DigiPress
DigiPress

Facebookでコメント

Return Top